ドライブスルーの薬局は便利です

インフルエンザでドライブスルー薬局利用を指示される

インフルエンザでドライブスルー薬局利用を指示される受付の位置に横付け呼び鈴を鳴らす感染症になると利用する

ドライブスルー」といえば、ファーストフード店などを思い浮かべる人は多いかもしれません。
店内で待つ必要がないために、時間に余裕のない人や雨などの天候不良の際には車を降りることなく、オーダーして商品を受け取ることができるので便利です。
我が家も、子供が小さなうちは店内で落ち着いて食べることができないので、よく、利用していました。
最近ではこうした飲食店に加えて、ドライブスルーができる薬局も増えてきています。
私が初めて、この薬局を見つけた時には驚きを隠せませんでした。
「えっ?ドライブスルーってどういうことなの?」とまじまじとお店を見つめてしまったほどです。
私が住んでいる地域には、小児科の敷地内に一つしか存在していません。
田舎なので利用する人が少ないのが原因かと思われます。
いつも、子供が病気になると「かかりつけ医」として受診していた小児科では隣の薬局までが徒歩で一分程度ということもあり、気になりながらもなかなか利用するには至りませんでした。
そんな我が家が、ドライブスルーを体験したのが子供がインフルエンザにり患した時です。
その日も、先生の診察を受けていつも通りに、処方箋をもらって薬局を訪れようとしたところ、受付のスタッフから「ドライブスルーを利用してくださいね」と指示を受けました。
なんでも、ほかの患者さんへの感染を防ぐ目的があるとのことでした。